タイトル北海道胆振地方地震被災者の方々にお見舞い申し上げます。生活が一刻も早く通常に戻りますように。北海道ロケ作品。第23話「空飛ぶ怪人ムササビ―ドル」のレビューです。中身は1970年代初頭の文化の研究(主にガールズのファッションチェック)です。

 

※画像は1970年代初頭の文化を知る資料としてYOUTUBE東映公式チャンネルの画像を勝手に使わせていただいておりますが権利を侵害する意図はまったくありません。問題ありましたらすぐに差し替えます。

 

 

 

サブタイトル

※ 時間表記は大まかな数字です。

01:59 ロケット燃料:北海道の大隅研究所で実験中。

ロケット燃料

 

02:35 ロケット発射実験:たった100ccの燃料でロケットが飛んでいく。将来的には火星まで飛ばしたいらしい。

発射実験

 

03:14 首領:ムササビ―ドルのイメージカラーでオレンジ

首領

 

03:21 アジト:背景画が劇画調になった。

アジト1

 

03:39 赤戦闘員:「お言葉ですが首領、」液体燃料で何をするんですか?的なことを聞く。額にはムササビワッペン。

アジト1

 

03:54 ムササビ男:ムササビ―ドルは、もこもこの縫いぐるみ調で、しっぽがあってちょっとかわいい異色の怪人。どことなくバカボンに似ている。液体燃料を奪うのが使命。その燃料を利用し札幌を破壊するのが今回の作戦。

ムササビ男

 

04:31 通りがかりの人:ムササビ―ドルが引き起こすスリップストリーム現象により内臓が破裂する。

スリップストリーム

 

04:45 立花レーシングクラブ(TRC):会長「みんなは夏休み」。滝も仕事で北海道。ひろみはお留守番。ひろみ=白ポロシャツ(第19話と同じ)。このヘルメットを覚えておいて欲しい。

TRC

 

05:12 札幌オリンピック:1972年に冬季五輪が札幌開催予定(本作品の放送日は1971/09/04)。

五輪

 

05:17 時計塔前:滝ユリ五郎が観光地を巡るシーケンス。若い夫婦とその弟みたいでとても楽しそうです。北海道に行きたくなる。ユリ=アイヌ民族衣装風+膝までの編み上げサンダル。

時計塔

 

05:27 並木道:滝とユリが手をつないで歩いてくる。後ろから五郎が滝を突き飛ばす。

並木道

 

05:29 ユリ:五郎から花をもらうユリ。

ユリ

 

05:37 クラーク像前:ポーズをとる3人

クラーク像

 

05:40 テレビ塔:さっぽろテレビ塔

テレビ塔

 

06:01 テレビ塔展望台:五郎がムササビ―ドルを発見する。

ムササビ―ドル発見

 

07:14 ムササビ:研究所に燃料を強奪に現れる

強奪

 

08:07 ライダー:逃げるムササビ―ドルを追う。ライダーは意外な方法で奪還する。

ムササビ―ドルを追跡

 

08:24 戦闘員:邪魔をしに現れた戦闘員のヘルメットは、さっきのTRCにあったのと同じ。ショッカーもTRCもヘルメット調達先は同じなのだ。

戦闘員

 

10:08 アジト2:首領レリーフサイドは出入口横にムササビの絵(目が光る)

アジト2

 

11:57 研究所:ホテルに帰っていろと言われたが五郎とユリも研究所に来た。ユリ=白帽子+★茶長袖T+黄色短パン+白ハイソックス

戦闘員

 

12:11 マリ:会長は、"みんな夏休み"って感じに言ってたが、マリはまだクラブにいた。マリ=黄色と白のボーダーT。

蛙マーク

 

13:15 会長:なぜか和服にサングラスで北海道に来た。千歳空港。

会長

 

16:24 マリも来た:捕虜になっていた戦闘員を使ってショッカーアジトに乗り込もうとする二人。巻き込まれる五郎。このころはまだガールズが無茶する展開。マリ=アイヌ風の衣装+膝までの編み上げサンダル。

ユリマリ

 

18:31 昭和新山:

昭和新山

 

19:09 洞爺湖:

洞爺湖

 

20:20 捕虜となった3人:ムササビ男「仮面ライダー、有珠岳を見ろ」そこには捕らわれた3人。

捕虜となった3人

 

21:32 戦闘中:映像で見るより実際に斜面に立つともっと急に感じるのではなかろうか。ムササビ―ドルの最期はキックを背中に受けて爆死。

ムササビ―ドルの最期

 

23:14 あきれ顔の会長:お前たちずっこけトリオがいるとライダーも大変だといいながらガールズのことを気に掛けている会長

会長

 

 

まとめ(時間がある時に追い追い埋めていきます

首領ランプは オレンジ色

今回のショッカーの作戦:大隅研究所で開発されたロケット燃料を奪いそれを使って札幌を破壊する

戦闘員はフルフェイスマスク+額ワッペン(むささび)。武器は短剣。

戦闘員の掛け声「イーッ」

ムササビ―ドルの能力 ジャンプ力100m 飛行200m スリップストリーム現象を利用して人をメする

ムササビ―ドル声「エ゛ーッ」

ムササビ―ドルの最期 飛行中背中にライダーキックを受けてロケット燃料の入ったアタッシュケースと共に爆死

ショッカーアジト美術 正面にムササビの絵 反対側には劇画調ムササビ男の絵

 

印象的な台詞・ナレーション

ムササビ―ドル奪ったアタッシュケースを抱えて、

「ライダー試して欲しいのか?国会議事堂を一発で破壊する1キロトンの威力を!」

ライダー「(えーそんなにすごいのか(意訳))」

ムササビ―ドル「フッフッフッ大人しく帰るのだ。」

ライダー「よし分かった引き揚げよう」とサイクロンを反転させ土を巻き上げムササビ―ドルが怯んだところを

アタッシュケースを奪取し「もらってくぞ」

 

ムササビ―ドル「来たな仮面ライダー。ふはははは仮面ライダー(ユリマリ五郎が人質になっている)有珠岳をみろ!殺したくなければ大人しくそのケースを渡すんださあ仮面ライダー」

仮面ライダー「仕方がない」

ムササビ―ドル「早くしろ」アタッシュケースを受け取ると、戦闘員に対して「(人質を)放してやれ」

ムササビ―ドルは人質をとるとは言えアタッシュケースと引き換えに人質を解放するというショッカーらしくない行動をとる。

 

中江さん「恐るべきショッカーの札幌爆破計画は、仮面ライダー一文字隼人によって未然に防がれた!そして一文字隼人は、素晴らしい仲間と共にショッカーと闘う決意を新たにしたのだ!」